経営者には雇用している社員の心身の健康に配慮する労働安全義務が法律で定められています。